2016年11月20日

「捨て看板娘」中編部門最優秀賞頂きました!@横濱インディペンデントフィルムフェスティバル

こんにちは!
絵コンテ&スクリプターとして参加した自主制作映画「捨て看板娘」が、11/19(土)開催の横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2016にて、中編部門の最優秀賞を頂きました!!

皆さん、ありがとうございます!!!

撮影から2年以上が経過しましたが、こうしてコンペに選出頂いて賞まで頂けるなんて、いちスタッフとしても感謝の気持ちでいっぱいです。

また上映の機会がありましたらこちらでお知らせできればと思います。
取り急ぎご報告でした!!

【関連ページ】
★横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2016公式サイト

捨て看板娘公式サイト

CD52B513-A5DF-4D84-ADF2-87522E656803.jpg

【追記】
下記の映画情報サイトに同映画祭についての記事が掲載されました。
ご興味ある方はぜひ〜。

cinefil(シネフィル)
http://cinefil.tokyo/_ct/17014942?

posted by 浅田アーサー at 21:59| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

「捨て看板娘」上映情報〜横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル〜

こんにちは!
絵コンテ&スクリプターとして参加した自主制作映画「捨て看板娘」が、下記の映画祭のコンペティションで上映して頂けることになりました!

横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル
[コンペティション/中編部門]

【開催日】2016年11月19日(土)
【会場】横浜シネマ・ジャック&ベティ
   (神奈川県横浜市/最寄駅:黄金町)

映画祭公式サイト_該当ページ


私事ですが…以前こちらの映画館で「百円の恋」を見たので、お気に入りの作品と同じスクリーンで上映して頂けるなんて、本当に感慨深いです。

開催地の横浜・黄金町と言えば、映画ファンの皆さんには黒澤明監督の「天国と地獄」や林海象監督の「私立探偵濱マイク」などの舞台としても知られていますよね。
そんなスリルと独特の異国情緒が漂う町でのインディー映画祭、よろしければぜひ足を運ばれてみて下さい♪


【おまけ】
最近描いた落書きです。

zangyoumeshi_web.jpg

なぜかカメラ目線で小腹を満たす、残業中のサラリーマンの図。
ええ~いっ!仕事がもうヤダよ〜!という気持ちを紙にぶつけて描きました。
フリーハンドでザカザカ鉛筆描きすると、デッサンやパースの狂いなども「こういう味の絵なんです」ってことにしておけるので(?)、いいですね…。(いいんかい!)

posted by 浅田アーサー at 21:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

「捨て看板娘」情報その2:上映のお知らせ

スタッフとして参加した短編映画「捨て看板娘」が、下記の映画祭およびカフェで上映されることになりました!
ご都合の合う方はぜひ足を運ばれてみて下さい!(記載は開催日順です)


★福井駅前短編映画祭

開催日:2016年10月22日(土)
会場:テアトルサンク(福井県福井市)

俳優の津田寛治さんが審査委員長を務める短編映画祭です。
「地域や街」をテーマにしていることが応募条件のコンペティションに、ノミネート作品として選出して頂きました。

公式サイト


★伊参スタジオ映画祭(公認)応援上映会

開催日:2016年10月22日(土)23日(日)
※当該作品の上映は23日
会場:cinecafe soto(シネカフェソト)(東京都北区十条駅前)

フィルム上映を行うカフェにて行われる、伊参スタジオ映画祭の応援上映会。
23日の同時上映は、篠原哲雄監督の「洗濯機は俺にまかせろ」です。

公式サイト_該当ページ


★第16回伊参スタジオ映画祭

開催日:2016年11月18日(金)〜20日(日)
※当該作品の上映は18日
会場:[18日]ツインプラザ[19・20日] 伊参スタジオ体育館(ともに群馬県中之条町)

3年前にこちらの映画祭でシナリオ大賞に選んで頂いたのをきっかけに、映画「捨て看板娘」は産まれましたが、このたびアンコール作品としてオープニング上映されることになったそうです。
今年は3日開催で、ゲストがかなり豪華…!(こちらを参照)

公式サイト



この秋、たくさんの上映の機会に恵まれ、いちスタッフとしてとても嬉しく思います。
見て下さった方に少しでも心に残る作品となれば幸いです。

この機会に、皆さんぜひ足を運ばれてみて下さいね(^_−)−☆

posted by 浅田アーサー at 00:22| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「捨て看板娘」情報その1:準グランプリ頂きました!

こんにちは。嬉しいご報告です。

絵コンテとスクリプターとして参加させて頂いた短編映画「捨て看板娘」が、「知多半島映画祭」にて、コンペ部門の準グランプリを頂きました!!

嬉しい!!
皆さん、ありがとうございますっ!!

私は残念ながら現地まで足を運べませんでしたが、どの作品も名作揃いで、とても魅力的な映画祭だったそうです。
そんなところで上映の機会に恵まれ、賞まで頂けて、いちスタッフとしてとても嬉しく思います。

そして、9月に行われた新潟県のながおか映画祭のインディーズムービーコンペティションでも、主演の木村知貴さんが同作にて男優賞を受賞されたそうですっ!!
すごいっ!!改めて、木村さん、おめでとうございます…っ!!

受賞の言葉はこちら

木村さんは近日公開の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」にも出演されているそうなので、皆さんぜひ劇場まで足を運ばれてみて下さいね。
(↑この作品、以前銭湯漫画を描かせて頂いた身としてはとっても興味津々です…!)

なんだか最近の川合組、快進撃!という感じで、おいらもあやかりたい…と心の中でこっそり思いました…←図々しいですね(笑)

以上、嬉しいご報告でした!
posted by 浅田アーサー at 00:01| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

最近描いた絵:雨だれ

こんにちは!9月になり、少しずつ秋の気配が感じられるようになりましたね。

最近描いた絵をアップしてみます。

amadare72dpi.jpg

久々に着物姿の女の人を描こうと思い立って描きました。
『妻は告白する』という映画に出た時の若尾文子さんが好きで、そういう雰囲気をイメージしたんですが、自分の精神年齢が幼いせいか、もっと若い娘さんのような感じになってしまいました。

使った画材やソフトは、描線はシャーペンで手書き、基本的な彩色はCLIP STUDIOで、雨や窓ガラスの加工はPhotoshopです。
加工方法はgoogle先生で検索して、先人の皆様のお知恵を拝借して作成しました。

ちなみに加工(&トリミング)前はこんな感じです。

amadare_before72dpi.jpg

正直ちょっと雰囲気が今一つなので、改めてPhotoshop先生の力ってスゴイなぁと感じました…。

それにしても、この女の人はどうして泣いているんでしょうかねェ…。
(って、泣かせたのはオマエだろ!って話ですが…)

季節の変わり目ですが、皆さま何卒ご自愛ください。
posted by 浅田アーサー at 23:47| 創作よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする