2013年12月13日

沢木耕太郎「流星ひとつ」

最近読んだ本の感想です。
これ読んだよ☆


沢木耕太郎「流星ひとつ」

image-20131213211751.png


沢木さんと言ったら、ボクシングファンにはカシアス内藤さんを追ったルポルタージュ「一瞬の夏」がとても有名ですよね!
それから私は、「敗れざる者たち」「王の闇」の輪島さんの章にも胸が熱くなりました。

で、こちらの本は、歌手の藤圭子さんが28歳で引退を表明した当時の、お蔵出しインタビューなんだそうです。
インタビューと言っても、ひたすら酒場で喋ってる二人の会話で、まるでロードムービーを見ているみたいでとても面白かった…!!
何気ない会話の中から、藤圭子さんの不器用でひたむきな魅力がこぼれ出てくる感じがしました。
(もちろんこれは、沢木さんの目を通した藤圭子さん像なんだとは思いますが…)

中でも、喉の手術をしたことで声が変わってしまった、その挫折と葛藤を語るくだりは胸に迫るものがあります。
中盤、「昔のように無心でやれなくなってからはどうすればいいか」「頂上に登った後はどう生きればいいか」という部分で、二人の意見が食い違ってしまうんです。
それが両者の意見とも、なんか説得力があって、グッときました。

やっぱり「燃え尽きること」というのは、人間の永遠のテーマなのかな。

そんなことを、いつまでも煮え切らない半可者の私が、のんべんだらりと考えました(笑)

未読の人はオススメです♪

* * *

話題に出た各作品のアフィリエイト画像を貼ってみました。
(広告収入を目的としてるわけじゃありませんので、何卒ご容赦下さい)

流星ひとつ [単行本] / 沢木 耕太郎 (著); 新潮社 (刊) 一瞬の夏 (上) (新潮文庫) [文庫] / 沢木 耕太郎 (著); 新潮社 (刊) 敗れざる者たち (文春文庫) [文庫] / 沢木 耕太郎 (著); 文藝春秋 (刊) 王の闇 (文春文庫) [文庫] / 沢木 耕太郎 (著); 文藝春秋 (刊)

「王の闇」の輪島さんの背中、カッコよすぎます…!!

posted by 浅田アーサー at 21:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする